2011年03月15日 所長ブログより

最悪の事態(加筆)

「煽っている」ようにしか見えないけれど、報道の正義や「ききかんり」としては「起こりうる最悪の事態を考慮して、しっかりと分かり易く情報を伝えている」のだろう。なので、私も最悪の事態を考慮してみた。都合により、固有名詞を一部伏せた。

 ○○(会社名)も認めていたとおり、現状では●●の人体への影響はきわめて深刻な状況である。
東京大学の専門家および国立がん研究センターの統計データによれば、●●を30分に1回、数分ずつ浴び続けることで、数百種類もの発がん性物質を体内に取り込むことになる。ほとんど全てのがんに「かかりやすく」なる状態が生じ、その可能性は50%上昇。一部のがんについては540%の上昇が見込まれる。また自身の被曝がなくても、●●を浴びた人の近くにいる場合、やはりがんにかかりやすくなるという。
 一部省庁や国連の関連機関もその危険性を重視しており、●●への曝露を防ぐべく、可能な限りの努力を継続中である。だが●●の中毒性もあって効果は不十分で、予断を許さない状況にある。

 …慌てないでいただきたい。お気づきの方もあると思うが、○○はJT, ●●はたばこである。なお、数値はすべて正しい。要するに「1日1箱たばこを吸い続けると、非喫煙者と比べてがんにかかる可能性は全がんで1.5倍・肺がんで6.4倍になる」ということである。

 100ミリシーベルトで「健康被害」「がんにかかりやすくなる」と報じられたが、「どの程度罹りやすくなる」の情報が抜けていたし、私も見落としていた。被爆者調査の資料を見てみると、1グレイ(今回のガンマ線であれば、1シーベルト=1000ミリシーベルト=100万マイクロシーベルト)の放射線を浴びたとき、白血病のリスクは5倍程度、それ以外のがんのリスクは1.5倍に増える。
 なお生涯を通して白血病にかかる確率は、男性では125人に1人、女性では170人に1人。炉の近くに数時間いて「初めて」、この確率が男性だと25人に1人、女性だと34人に1人に増大するのが、「放射線の危険性」になる。「1時間いたら必ず白血病になる」わけでは決してない。

 今日一日、断続的にチェックしていたけれど、東京と福島の中間にある茨城での放射線量は最大でも1時間あたり4マイクロシーベルト程度。屋外で10-15時間浴び続けて、ようやくレントゲン1回分になる量だ。東京での数値は、多めに見積もっても「危険水域」の1000分の1の値。
 
 危険を伝えるのは大事。だが、「現状のデータで、どんな人が危険で、どんな人が安全なのか」「危険とはどの程度の『危なさ』か」を一緒に伝えなければ、単なる煽りになってしまう。不確定要素が大きいけれど、少なくとも現状分かることは以上の通り。

タグ:

コメントは受け付けていません。